どうにかしたいしみ等の肌の手入れについて

ホルモン治療によるニキビ治療について

女性には、わずかですが男性ホルモンも分泌されています。
男性ホルモンは皮脂を分泌する作用があるので、あまりにも多いとニキビができてしまいます。

女性ホルモンはストレスや生活習慣によって崩れやすいので、繰り返しニキビができる人は
男性ホルモンの分泌量が増えている可能性があります。

最小限

よってホルモン治療はニキビ治療に使うことができます。
ホルモン治療の基本は、女性ホルモンを増やすことで男性ホルモンの働きを抑制することです。

感じること

具体的には女性ホルモンに似た働きのある成分を投与したり、女性ホルモンを配合したピルを使ったりします。
イソフラボンやヒオウギといった成分が女性ホルモン類似物質に含まれます。

低用量ピルは避妊薬のイメージが強いですが、ニキビ治療にも効果があります。
また内服薬以外にも女性ホルモンを含む軟膏を塗るニキビ治療もあります。

ニキビができた場所を集中的に治療するので、内服薬と一緒に使うと高い効果を得ることができます。

こういったことは専門知識になりますので、具体的な内容は皮膚科や美容クリニックに
直接相談しに行き、話を聞くことが一番の対策です。

自分の肌質や体調とも関係してきますので、むやみに市販の物を使う事はお勧めできません。
専門の機関で見てもらえば、有効的な薬を処方してもらえたり、提携した薬局で
必要な製品を勧めてもらうこともできますので、確実に近道となるはずです。