プロが教えるニキビ治療

油を補ってニキビ治療をする方法

ニキビ治療においてのスキンケアで、徹底して油を排除したお手入れをすることは正解ではありません。
ニキビ治療に油の使用は悪影響を与えることはありません。

そもそもニキビの原因の発生にはアクネ菌がオイルを分解したときの過程にできる脂肪酸が深く関わっています。
この脂肪酸がお肌に溜まることが発生のメカニズムになります。

しかし毛穴のつまりがないお肌ではこの脂肪酸の悪影響は受けないとされています。
乾燥したお肌は角質層が厚くなり毛穴つまりも引き起こすリスクは高くなります。

ポイント

油を使用することで高い保湿効果を得ることができ柔軟なお肌を得ることができます。
ターンオーバーもスムーズになりますので、乾燥による角質の肥厚による毛穴詰まりにも効果的です。

守るために

ニキビ治療での油の選択は自身の肌質にあわせ使用することもポイントです。
オイルにもさまざまな種類と効能があります。

さらっとした浸透のよいオイルやガード力の強いオイルなどをうまく選択することが大切です。

どのような製品を使えば良いのかわからない場合は、皮膚科や美容クリニックに相談してみましょう。
まずは自分の肌質を良く知っておかないと、改善のしようがありません。
適切なアドバイスを受けて、自分に合った方法や製品を知ることで
より早い回復が見込めるのです。

病院に行くとなると抵抗を感じるかもしれませんが、早めに行ってしまえばその分
楽になる部分も大きいですので、早めの行動が得策です。